【月替わり】2021/3のお知らせ



『リコメンドアロマ』

3月のおすすめアロマは『ユーカリ』です。

アロマに効能を求める際にティートゥリーは真っ先に候補に挙がるひとつですが、

同じフトモモ科に分類されるユーカリもまた、近似の芳香成分と薬理作用を有します。

アボリジニがティートゥリーを茶に、ユーカリを薬に用いた歴史は先人の知恵です。

抗菌抗ウィルス作用、呼吸器系の強壮、鎮痛、花粉症へのアプローチも期待できます。

香りはフレッシュグリーンで春を呼び込む空気。季節の変わり目にマストハブな一本です。


『アフタースイーツ』

3月のスイーツは『イチゴパフェサンドクッキー』です。

東京ベイクドベイスの期間限定のお菓子をご用意しました。

イチゴ風味のふわふわホイップチョコレートが、さくさくクッキーでサンドされています。

ほんのりピンク色に染められた見た目が可愛らしく、目で春を楽しむことができます。


『店長ログ』

先月下旬に政府が「孤独担当大臣」及び「孤独・孤立対策担当室」を新設したとのこと。

行政らしからぬ、なんとなく抽象的なネーミングの施策につい耳目を引かれました。

ただ、心の時代の到来はかねてより叫ばれていましたよね。

ここに来て立法機関がメンタルにまつわる「孤独」という問題にメスを入れるのは

コロナ禍の浸食がいかに凶悪であったかを物語っているのかもしれません。

確かにリモートやオンラインの普及は合理性と利便性をもたらしましたが、

反面、人同士が向かい合う口実は少しずつ緊縮される傾向の世の中です。

物質的な豊かさは傍らのスマホひとつで手に入りますが、

精神的な充足はいつでもスピリチュアルでマインドフルネスで茫洋で掴み所がありません。

癒しという概念の救済を、いつ、誰に、なにに、どこに求めるのか。

またそれを見つけるのは実はとてつもなく難易度の高い作業なのではないでしょうか。

政府の孤独対策とやらが机上の空論に終始しないことを望みます。

そして願わくば、孤独需要でウチのサロンが繁盛することを殊更に望みます。

それでは、今月もよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

【月替わり】2021/11のお知らせ

『リコメンドアロマ』 11月のおすすめアロマは『シナモンリーフ』です。 リーフの名のとおり抽出部位は葉。成分もマイルドでトリートメントにはより向きます。 絵面で連想する茶色の円筒形は、樹皮を乾燥させ丸めたものでバークと区別されます。 菓子、香辛料、漢方と利用シーンは広範に渡り、国内でも遍く普及しています。 香りを表現するなら、粉末が宙に舞うかのような鼻腔にこびりつく鮮烈な甘み。 定番のオレンジと、

【月替わり】2021/10のお知らせ

『リコメンドアロマ』 10月のおすすめアロマは『サンダルウッド』です。 和名は白檀。お香や仏具、高級建材として古くから珍重されてきましたが 現代では乱伐が続き、原産地であるインド政府により厳格に貿易規制されています。 サンダルウッドを一本伐採したら、即座に一本植樹することが定められているほどです。 そのため希少性が高いのはもちろん、香りも無駄遣いできない神妙な気分に誘います。 甘みと苦みを持つビタ

【月替わり】2021/9のお知らせ

『リコメンドアロマ』 9月のおすすめアロマは『ジャスミン・サンバック』です。 茉莉花やアラビアジャスミンなどの別名を持ち、ジャスミン茶の着香にも用いられます。 コンビニでも手軽に買い求められる飲料として日本人になじみの深い香りですが、 抽出された精油はもっと目を見張るほどの気高さ、妖艶さと、上品なホワイトフローラル。 高価なレアバリューに分類されるのもあり、ブレンドするのが正直もったいない代物です