月替わり11月のお知らせ



『リコメンドアロマ』

11月のおすすめアロマは『シダーウッド・バージニア』です。

北米に分布するヒノキ科の針葉樹。日本のヒノキは薫り高い高級家具材の用途ですが、

アメリカのシダーウッド・バージニアは鉛筆の材料として多く消費されています。

フレグランスの第一印象は即ち鉛筆の削りカス。

鉛筆に慣れ親しんだ世代なら、かつての少年少女時代にトリップできるかもしれません。

柑橘のベルガモットを足して、赤や黄に色づく賑々しい秋の森林浴をイメージしました。


『アフタースイーツ』

11月のスイーツは『秋ささらがた』です。

尾張の老舗菓子処、両口屋是清の季節限定ささらがたをご用意しました。

羊羹芋、抹茶、焼皮柿、大納言、栗の五種類のフレーバーを日替わりでお出しします。

グラデーションきれいな食べ切りサイズの棹菓子をお楽しみください。


『店長ログ』

リニューアルオープンからサロン内の壁の一面がアクセントクロスに変わっています。

常連様でもそうそう気づかないご様子で、

「あれ、そうだったっけ」

なんてつれないリアクションですが。

さしあたっての懸案が、以前はディプロマを飾っていた壁面の一角。

アクセントクロスの施工をしてくださった業者さんが、

ご丁寧にクロスを張り替えた後、壁掛けフックも変わらぬ位置に取り付けてくれました。

それからまたディプロマを掲載すればいいだけの話なんですが、なんとなく変えたい。

以来、壁の一角は長らくフックだけという寂しい様相を呈しています。

そこで絵でも飾ろうかな、なんて考えています。

サロンの雰囲気を壊さず、可もなく不可もない主張で、適度に目を引くグラフィティ。

悩みはじめると、あれでもない、これでもない。

簡単にできる作業だからこそ、そのシンプルさに高い理想を迫られて、決めあぐねる。

世界の名画のコピー、いやいや。

現代アーティストの抽象画、いやいや。

人体解剖図、いやいや。

というわけでお客様からアイデアを募りたいと思います。

当サロンはお客様が第二のスタッフとしてここまで育ててきたという経緯もありますしね。

アイデアを提供してくれる以外にも、自分の作品を飾ってみたいなんて声にも応じます。

お客様方々のセンス溢れる慧眼にぜひとも期待しております。

という投げっぱなしジャーマン。

おあとがよろしいようで。

それでは、今月もよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

2021/7月替わりのお知らせ

『リコメンドアロマ』 7月のおすすめアロマは『ベチバー』です。 主にアジアを原産地とするイネ科の植物。見た目は同じイネ科のススキに似ています。 フレグランスは雑草を引っこ抜いた直後の匂い。もしくは泥を掻き出した畦道の匂い。 ウッディよりももっとアーシー。まさに地に足をつけた重厚な沈静をメンタルに課します。 ややもすれば強烈なくどさは、意外なことにフローラルともよく親しみます。 シャネルの香水のベー

2021/6月替わりのお知らせ

『リコメンドアロマ』 6月のおすすめアロマは『ローズマリー』です。 肉料理の臭み消しと香り付けの目的でも使用される代表的なハーブ。 緑の棒状の葉肉が絵面としてイメージされますが、花弁は目の覚めるようなブルー。 聖母マリアが青い外套を木にかけたところ白い花が青く染まったという説にちなみます。 ローズの名を冠しますがフローラルな香調よりかはアロマティックハーバルの瑞々しさが 際立ちます。思考を明晰にす

【5/29更新】緊急事態宣言の再発令に伴う臨時休業のお知らせ2021/4/25~5/31

再発令の緊急事態宣言による生活必需以外のサービス業の休業要請を受け、 またウィルス感染拡大防止の観点から、臨時休業することといたしました。 当面は4/25(日)~5/11(火)を休業期間とさせていただきます。 ​本件について、お問い合わせのメールにも極力対応させていただきます。 ご心配とご迷惑をおかけいたしますが、 何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 この度のコロナウィルスの影響を受け